プロフィール

ごあいさつ

私は、皆さまと一緒に“笑顔”で溢れる時間を共有できると信じています。
とてもシンプルなこの想いは、どこにいてもどんな時でも掛けられる魔法として、私の芯にまっすぐ存在しています。

そんな「笑顔の魔法」の原動力は、感動とユーモア。
人生を変えるような大きな感動から、日常の端々に根づく小さな感動まで、それらはいつでも私の人生を豊かにし、キラキラと輝かせてくれました。

表現活動

──ここは、感動とユーモアが生まれる場所。

例えば、舞台や音楽というエンターテイメントを通しての感動。
例えば、ヨガを通し、はだかの自分に出会う感動。
例えば、ふくふくになった蕾が花開く瞬間の感動。

「心が震える」という感覚を、皆さまもよくご存知だと思います。
その震えに、ユーモアをトッピングして新たな表現ができたなら……。
そしてその表現を連鎖して、新たな感動が生まれたなら……。

きっとそこには笑顔が溢れ、何でも乗り越えていける強さが生まれているのではないか、と思うのです。

幼児教育

──「笑顔の魔法」を、未来を担う子どもたちにも!

大人がみんな笑顔なら、子どももみんな笑顔でいられるはず。
子どもたちが安心して「笑顔の魔法」に触れられるような場所=“心の安全基地”づくりも、どんどん進めていきたいと考えています。

子どもたちには(もちろん大人たちにも)、何かに夢中になる時間が必要です。
例え短い時間であったとしても、何かに心底夢中になる時間を持つことで繊細な心を癒し、また新たな感動を生み出すことができるでしょう。
かつて、小さな心に小さな孤独を抱えていた幼い私が、“表現”に心底夢中になり、それを昇華できたように……。

歌やお芝居、ヨガなど、私が持つすべてを通して、子どもたちの感動する心を引き出し、自由な表現やコミュニケーションの発展に貢献したいと思います。

ヨガ

──人生をずっと共に歩んでいくパートナー=自分、とつながる。

ヨガとは、サンスクリット語で「つなぐ」という意味を持ちます。
本来は「心と身体と魂を神(宇宙)につなげる」という意味があるそうです。

ヨガで大切なのは、呼吸。
焦ったり苛立ったりすると呼吸は乱れ浅くなり、一方で大切な人と一緒にいたり、気持ちが安心すると、深くなっていきます。

このように、呼吸は常に感情とセットで動いています。
ポーズをとる中で“呼吸と身体を使って心をコントロール”していくのが、ヨガの目的です。

私は、ヨガを通して“人生最高のパートナー=自分”とつながり、ありのままの自分を受け入れる時間を皆さまと過ごしたいと考えています。
ヨガの時間だけは、何もジャッジせずに過ごす……良いも悪いもない、しん、と静かな状態に心を寄せられるツールとして、ヨガを広めていきます。

そして、これから。

たくさんの感動とユーモアで、たくさんの笑顔を創りたい。
そのために、たくさんの人々と出会い、関わり、共にチャレンジしたい。
そしてお互いに感動をシェアしたい!

こういった想いから、『上田亜希子 オフィシャルサイト』を開設しました。
あまり枠に収まらず、貪欲にチャレンジしていきたいと思いますので、皆さまもぜひお付き合いくださいね。

表現を通じ、皆さまの心にあるあたたかい場所に、優しく触れられますように。

上田 亜希子


経歴

幼少の頃から歌やダンスに親しむ。
19歳で劇団四季に入団し、その後8年間在団。
退団後も数多くの舞台に出演している。

舞台表現のトレーニングとしてヨガに出会い、身体・呼吸と表現の結びつきに興味を抱き、自己探求の旅に出る。
ヨガインストラクターの資格を取得し、ヨガ講師としても活動中。

また近年ではチャイルドマインダーとして、子供に安全で『感動』できる場所つくりを提供したいと考えている。

出演経歴

  • 劇団四季『ライオンキング』ナラ役
  • 劇団四季『人間になりたがった猫』
  • 劇団四季『コーラスライン』マギー役
  • 劇団四季『ジーザス・クライスト・スーパースター』
  • 『アプローズ』イブ役
  • 劇団☆新感線『シレンとラギ』
  • 韓国ミュージカル『パルレ』
  • いのうえシェイクスピア『鉈切り丸』
  • 『ペテン師と詐欺師』主演・クリスティン役
  • 落語ミュージカル『文七元結』文七・女将役
  • 『Second of life』
  • 『炎立つ』コロス役
  • 劇団☆新感線『蒼の乱』
  • 『紫陽花河原恋顛末』主演・小春役
  • 『Count down my life』
  • 『sign』
  • 劇団☆新感線35周年「五右衛門VS轟天」オールスターチャンピオンまつり
  • 『サンクユーベリーベリー』千駄木千春役